横浜・青菜区を中心に、神奈川・東京でリフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

home

お問い合せ

Facebook

古今

住人問色の住まい 新しい今に変えていく。

古今について

住人問色の住まい 新しい今に変えていく。

定期更新コラム

古今の仕事

古今と作る

素材に自信あり

古今の人

はじめまして。
横浜市青葉区青葉台に居を構える、
古今と申します。
わたしたちは、大規模戸建リフォームを中心に、マンションリノベーション、注文住宅の設計施工など住まい手さんの暮らしづくりのお手伝いをしている会社です。

共通するのは、住まい手さんの
「住み込む暮らし」をつくること。
愛着の湧く素材を用いた住まいと共に、経年美化していく暮らしそのもの。

わたしたちは人生を味わう器のような住まいを、あなたと共につくっていきます。
あなたはどんな暮らしが好きですか?

施工事例一覧はこちら

img_6040

2016.09.19

IPPO IPPO

kokonhut

2016.09.06

KOKON HUT 冊子ができました。

新しいのに、懐かしい。

「懐かしい」という感情は、それぞれの人が今まで生きてきて、気づかずに心の中に蓄積されている「その人ならではの何か」であって、それに近いモノやコトを見たり触れたりした時に、 ふっと、どこからともなくその「何か」が湧き出てくる不思議な感覚。
古今の住まいづくりは、ただ単純に視覚的な部分のみで懐かしいというのではなく、土地や建物、住まい手の「その場所、その人ならではの何か」を探り、住まいに落とし込んでいく事を大切にしたい。
ただ新しいだけでは落ち着かないし、飽きるし、すぐに古くなる。
今の世の中は、買った時が一番価値が高くて、使えば使うほどに価値が減っていくものばかり...、住まいは本来そうではないはず。 住まいは、様々な想いが積み重なった、写真アルバムのようなものであって欲しい。
そして、その人ならではの「何か」を組み込むことで帰って来たときに本当の自分に戻れる場所であってほしい。
かっこいい言葉でいうと、「人生を味わう器」であってほしいと思う。
“新しいのに、懐かしい。”の、「のに」の部分にその人ならではの住まい作りのヒントがあると考えています。

About Kokon

pagetop

古今

Facebook

〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台2-32-5

Copyright c 2015 KOKON CO., LTD.